踏み絵を踏んだんですか。信念を曲げたのですか・・・?

集会があった時など、質問されるよりも前に皆さんにお話しすることにしています。皆さん、聞きたそうですから。

一方、これまで、民主党で立候補した時も、誓約書に署名をしましたし(確かマニフェストの遵守とか反党行為をしないとか)、どこの党でも公認を出す際には、何らかの確認はするのではないですか。

さて、みなさんの関心は、安全保障と憲法のところに関心が集まってます。

安全保障については、誓約書の中に、「現行の安全保障政策については、憲法に則り適切に運用する。その上で不断の見直しを行い、現実的な安全保障政策を支持する。」とあります。ですから、集団的自衛権など憲法上の疑義がある部分については、憲法に則って運用され、また将来的に見直しも行う可能性を示していることから、問題は無いと考えています。また、離島防衛の部分など、民進党時代に対案として領海警備法案が出されているように、安保法の中でも、元々から同趣旨のことを提案している経緯を踏まえれば、信念を曲げるとは違う状況であることとご理解いただけると思います。

一方、憲法については、元来から、憲法こそ国の最高のルールであり、自分たちで最良の憲法を作ってこそ、日本の民主主義も一人前になるとの考えを持っておりますから、憲法の改正の部分についても何らの違和感もありません。むしろ、憲法の具体的な内容こそ、賛否をかけた論争の対象になるはずです。

まっしぐらに前を向いて進んでいきたいと張り切っています。一生懸命頑張る、それだけです。

※ ホームページの更新が遅れておりまして、恐縮です。正直、ドタバタです。温かい目で見てください。よろしくお願いします。

解散を安倍総理が表明されました。

誰のための解散なのでしょうか。

この解散には、大義がなく、多くの批判がされ、レッテルもベタベタに貼られています。曰く、「森友、加計隠し。」なのではないのか。そうであれば、安倍総理のための解散なのでしょう。これは情けない解散となります。

一方、新党もでき、離党者も各党で相次いでいます。これを見ると、「政治家自身のため」の解散なのか、とも思ってしまいます。信念とか政策とか、どこに行ってしまったのでしょうか。

やはり、政治は、「国民のため」でなくてはなりません。もちろん、解散も「国民のためである。」という断言無くしてなりたちません。
この「国民のため」という言葉も、政治家の建前なのか、それとも枕言葉なのか。はたまた、腹の底から搾り上げた魂の言葉なのか。そこは、皆さんにご吟味していただかなくてはなりません。

「国民のため」という言葉こそ、政治の土台であり、根っこの部分だからです。根が腐っていれば、どんな政策を積み上げようが、多額の税金を突っ込もうが役には立たないでしょう。

「国民のため」、私は安倍総理の挑戦を真正面から受け止め、堂々と戦い抜く決意です。断固、「国民のために。」






今朝は、土岐市駅前での街頭演説。
大きな雨が降ったり止んだりと、結局は、右半身がベタベタになっての一日のスタートです。

世間では、加計学園一色の政治状況ですし、これまでも何回もテーマにしていた話ですから、今日は、郷土の水害対策の話を選びました。雨も降っていましたし。

土岐川の治水は、流域全般を対象とした広域の対策が必要であること。これは、大雨に見舞われると、多治見市の平和町と瑞浪市の釜戸町の被害が、セットのように発生することが多く、この地域は、運命共同体であること。よって土岐市は土岐市なんていう行政単位の対策では、効果があがらないこと。

第二に、対策としては、いかに下流部に水をスムーズに流すことが大事で、ちょうど地形的にボトルネックになっている多治見市の愛岐道路の入り口あたりから、古虎渓、定高寺あたりのながれを改良することが、土岐川全域の水害対策につながること。

また、土石流が発生しそうな危険個所が、各市700か所余りもあって、普段からの対策が必要であること、などなどを訴えました。
地域の実情をよく知った上でこその政治であって、普段からの対策が不可欠だという考えです。

こんな話をしておりましたら、年配の男性の方から、駅近辺で水害が多発している伊野川を是非見てほしいとのリクエストがありました。あまりに熱心でしたので、街宣カーに同乗していただいての見学となりました。これまでの被害、苦労そして、その後の行政の対応にまつわる無念さなどの話を聞きました。

やはり、見て聞いて・・・。 ここが政治の出発点なのだと、あらためて痛感した雨の朝でした。

今期最高といいますか、今朝の冷え込みは厳しかったですね。
恵那駅で街頭演説を行ったのですが、7時前の気温はマイナス8度。演説を終えた8時にはマイナス6度を駅前の気温計は指していました。

さて、中身は、甘利大臣の「政治とカネ」の話。特に、安倍総理お得意の国会議員の多数を使った数の力による国会運営の手法によって、閣僚を辞任から守るということの是非について論じました。政治権力を社会正義の実現ではなく、己の利益のために使うことは、典型的な権力の乱用であって、政治家としてあってはならないと力説しました。世に害をなすだけになってしまう、という趣旨です。

街頭演説を終わった後、近くの喫茶店のママさんからお話がありました。「見てよ、このごみの量。今日はごみの収集日だけど、こんなに、ごみの量が少なくなっている。不景気が深刻だから、ごみも出てこない。安部総理の景気が良いという話を聞いていると、本当にバカバカしくなってくる。どうかなっているんじゃないの・・・。」とお怒りの様子でした。

さあ、明日も安倍総理に挑戦です!


 
ガソリンの値下げもテンポ良いこの頃です。心地よいですよね。

今日見た所では、安いところで1リットル108円(可児市)、高いところで136円(東海北陸道関SA)と開きもすごい状況となっています。話題のコストコの値段はいくらになっているのでしょうか。

さて、気になるところは株価の推移。今年に入ってドカンドカンと下がり続けています。実際、昨年の6月をピークに3000円を超える下げとなっていますが、その理由、解説に気になるところがあるのです。

曰く、原油の値下がりが、日本の株価の下げの大きな要因になっているとの話です。産油国のお金回りが悪くなって、日本に投資するオイルマネーが少なくなる、いや引き上げるという話です。

現実には、ガソリン、灯油、ガス等の燃料の値下がりは、暮らしにも会社の利益にも日本経済にも大きく貢献するはずなのですが、株価にはマイナスとのこと。いかに、今の株価というものが、実体経済や現実の生活を反映していないという証しということなのです。

安倍総理のアベノミクス。株価に大きく軸足をおいた政策です。株価が上がることで、巡り巡って景気が良くなる。こんな話も4年目に入りました。しかし、昨年度の経済成長率はマイナス。今年度の景気も良いという話を聞くことは一向にありません。

実体経済を反映しない株価というものに力点をおいても期待できません。日銀たのみの金融政策の限界を示しています。政策が間違っているのです。ガソリンが安くなると困る・・・なんていう政策なのですから。

現実の暮らし、毎日の仕事。確かなもの、手ごたえがあるものへと経済政策の軸足を変更させる、そんなイメージがはっきりと見えてきました。さあ、転換の時です。

 | HOME |  »

topRecentsarchivecategorylinkserchother