「麻生総理は、経済音痴なのでは。」、なんていう噂を、先週、東京の友人たちから聞いてきたのですが、本当にそんな感じかと思わせる記者会見でした。

おそらく、深刻化する不況を前にして、一国のトップが景気対策を発表する際に、3年後の消費税の増税について、きっぱりと話すということなど、多分、世界史の中でも初めてのことではないでしょうか。

麻生総理は、不況克服について「全治3年」と繰り返されております。しかし一方で、「100年に一度の暴風雨」とか「1929年の大恐慌以来」と不況の深刻さについても、たびたび言及されております。

この全治3年、残念ながら、その根拠も克服にいたる見通しも全く説明の無い状態です。そして、以前の「100年に一度の大恐慌」の時は、克服するまで、日本も米国も15年以上の月日が必要でした(戦争にまで至ったのでした)。

100年に一度と全治3年。そして3年後の消費税の増税。そして今回の2兆円の給付金のバラマキ。この一連の考えの中に、整合性を見つけることは難しく、「全てがとってつけたような思いつき」と割り切ってしまうこと以外、うまい説明が思いつきません(何かすばらしい考えがあって、私が気づいていないだけのことかもしれませんが・・・)。

何れにせよ、100年に一度の暴風雨ということです。ならばその舵取りを行う船長が、経済音痴であっては日本が悲劇になってしまいます。ですから少なくとも、船長として相応しいのかどうか、国民の信を問うこと、やはり解散総選挙が不可欠ではないでしょうか。




今朝は、恵那駅で街頭演説を行いました。

市会議員選挙があるからでしょうか、公明党の市議さんと鉢合わせ。市議さんは、「おはようございます」の運動ということなので、場所をちょっと離して当方は街頭演説という調整も行いました。

さて、当方は元気よく、「国民には、景気対策の定額減税2兆円、天下り官僚の法人には、12兆6000億円・・・。」とか、「麻生総理は、経営破綻しないように農林中金に税金を投入したいということだが、農水省の天下り理事長の給料は4100万円・・・。」

とにかく、政治家や官僚といった公に携わる人々が、居住まいを整え、襟を正す、これが日本再生のスタート地点ではないでしょうか。

やれることですから、やってみようではありませんか!
今朝のこと、笠原のタイル会社の社長さんが、「いよいよ最後まできた。次ぎ合う時は、終わっとると思うで。」と、倒産目前である旨の話をされました。

どこへ行っても、不景気といいますか、ちょっとこれまでとは段違いの状況になっています。

先日のニュースでも、東海地方を代表する企業の日本特殊陶業が62年ぶりに赤字に転落ということが新聞に出ていました。62年ぶりということは、昭和21年以来ということですので、戦争でメチャクチャになって以来ということなのです。要は、バブルの破綻とか石油ショックというような戦後を代表する経済不安のレベルを超えたところに、今般の不景気があるのでしょう。

麻生総理の第一次補正予算、株価の大幅な下落を見ていれば、効果が見込まれないということです。それでは、定額減税の2兆円。これまた、実施する前から、話の段階から、効果なし、という情勢ですね。

それでは、伝統的な、道路に橋にハコモノ整備。これまた、財政赤字が増えるだけの話で、これまでと同じように、景気対策としては役に立たない、ということですね。

さて、どうしたら良いのでしょうか。

守りと攻め、ですね。

まず、守り。これは、医療とか年金とか、本当に困った時の一線というか社会の最低ラインをばちっと引いて、社会の中に安心感、安定感をつくることです。年金がもらえるかどうか分からない、救急車のたらい回し、これでは、不安で一杯です。まず、年金、医療など福祉の強化が不可欠です。そうしませんと、安心してお金が使える時代になりません。

次は、攻め。

日本は商売の国なのですから、儲けといいますか稼ぎを作っていきませんとダメですね。ですから、持てる資源(予算、人材)を集中投下する分野を定めて、国を挙げて進めていく他ないではありませんか。

環境、新エネルギー、ナノテク、バイオ、ロボットなどなど、候補は目白押しです。日本の可能性を伸ばしていくのです。

ポイントは、今のままの政策ではダメだということ。政策の中身と優先順位を大幅に変えませんとダメだという事です。お金の使い方も代えるということ、既得権益とか前例踏襲の政策を改めるということです。

結局、答えは、政権交代なのです。民主党のためではなく、日本のため、国民のための政権交代なのです。

不景気の本家本元のアメリカも政権交代目前ではありませんか。皆それぞれが頑張っているわけです。

ならば、日本も頑張ってみようではありませんか!

急に小沢代表より呼び出しがあり、本日東京に行ってきました。

いわゆる個別面談といいますか個人指導といいますか、一対一でのやりとりです。印象としましては、実に私の(岐阜5区の)ことをよく調査され、事情も分析把握されているということです。多分、全国の300小選挙区のことをばっちり把握されているのでしょう。

けして威張るとか偉そうにするなんてこととは程遠く、真摯ながら厳しくも的確にというお話でした。

「一日で、50箇所は街頭演説をしなさい。50箇所というと大変だけど、やりなさい・・・。」
こういう具合に具体的な話が続きました。

最後は、力強く握手をして分かれました。

頑張りぬくぞ・・・、こういう気合が全身にみなぎった午後でした。
本日、瑞浪あちは吉信後援会が発足いたしました。会長は、陶器商ミスターボスの勝股社長です。
勝股さんは、日大大学院時代、小沢代表と同級生で、一つのロッカーを2人で共有していた友人とのことで、小沢代表から祝電を頂きました。頼りです。

そして、記念イベントとして、安住淳議員と私、それに後援会員の方3名による「瑞浪でタックル」を行いました。

皆さん、安住さんに質問、意見とビシバシという感じで、隣にいた私など「ちょっと焦っている。」なんてことを感じる時もありました。

さあ、会も発足。多くの皆さんのお力を頂きながらの勝負となります。さらに、少しでも多くの方に会員になっていただければ幸いです。

感謝を込めて、さあ前進です!

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother