明日10月1日には、臨時国会が召集されます。いよいよ国会議員としての第2シーズンですね。

今般、内閣改造人事の端くれということでしょうか、人事異動が私にもありまして、次の役職を頂きました。

1 衆議院  予算委員会委員、法務委員会委員
2 民主党  政調会長補佐、障害者政策プロジェクトチーム副座長


政調会長補佐は、衆議院議員9名、参議院議員2名の新人議員から構成されるものです。玄場政調会長の補佐役として、政権与党の政策作りの真ん中で力を試されることになったのですから、ますます力が入ってくるのです。

初志貫徹、一生懸命がんばります!!!


前原国土交通大臣をお招きしての国政報告会。多治見の文化会館に1500人の参加をいただきました。大臣からは、「選挙でもないのに、こんなに集まっていただいて・・・。」と笑顔でした。

さて、今回の目玉は公開陳情。岐阜県第5区の5市の市長さんから、壇上で、参加者の目の前で、陳情を行っていただいたのでした。

陳情。よく耳にする言葉です。しかし、普段の生活の中では縁遠いことですね。しかし、陳情は、その町にとって、もっとも大切なことを陳情されるわけですが、皆さんは、一番大切なことってご存知ですか。

そして、今回のポイントは、前原大臣が、その場で「回答」を出すということにつきました。

「見える政治」、「分かりやすい政治」、「透明性のある政治」、「スピード感のある政治」、そして「政治主導」・・・、このように総選挙の場でも、何度と無く言及してきたことを実現し、政権交代の有り様を皆様の目の前でお見せしたかったのです。

陳情と内容とその結果については、①東海環状道の五斗蒔パークングエリアと中央道の神坂パーキングエリアへのスマートインターチェンジの設置については、「大変重要」で「極めて前向き」ということで、すっきり言えば「OK」ということでした。神坂・馬籠地区の方々からの「30年来の念願がかなった」という発言につきすね。

②多治見から中津川までの国道19号線の4車線化を始めとするバイパス設置や拡幅工事については、「順次進める」ということで、前に進みながらも、まだまだ準備が必要ということです。

③リニア駅への公的助成については、まだ「審議の最中で条件が整っていない。」とのことでした。これは、むしろ「頭だし」を目的にした陳情ですから、自らゴングを鳴らしに行ったということです。

結果は、皆様大満足。「こんなこと初めて。」、「インターチェンジ、いっぺんに2つもつくっちまって、あんた力あるやん。」、「おもしろかった。」、「阿知波さんらしい企画やなあか・・・。」

それにもまして、「前原さん、なんちゅうかっこええ・・・。」、これは我が小学生時代の同級生たちの発言。今は、よきお母さんたちの声です。

さあ、今日も感謝、そして一歩前進です!




 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother