昨日の科学技術・イノベーション推進特別委員会で、参考人としてお見えになった小柴先生に質問いたしました。あのスーパーカミオカンデとかニュートリノとかで有名な教授です。ノーベル賞受賞者に対し、日本のこれからの科学技術政策のあり方について質問したのも、初めてのことでした。

特に印象に残ったことは、「基礎科学は、見通しがたたないもの。また、世界で初の、誰もがやったことをやらないと意味がない。成功するかどうかも分からないし、成果が出たとしても、それで儲かりますよとか、得なことがありますよ、とかいえない。こういうことに税金が使えるのは文明国だけのこと・・・。」という趣旨の発言でした。

ですから、私の質問は、「税金を使う以上、見通しがたたないことであっても、国民に説明、説得し、また納得してもらえるように積極的に努力することが必要である。」という趣旨のものでした。

それに対して、小柴先生のほうから「同感」の意を述べられました。

この様子をホームページに載せますので、ぜひご覧になってください。

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother