多治見市の水害。昨年は、本当に大変でした。

現在、国、県、市が一体となって、対策を協議しています。3月末までに結論を出して、順次24年度から予算化していくというスケジュールです。

しかし、6月からは再び雨のシーズンです。これに備えるための応急措置として、国土交通省保有の大型ポンプ車が2台、5月までに多治見市に配備されることになりました。応急措置ですから、10月までの大雨のシーズンが終われば帰って行く臨時の助っ人です。

タイの洪水の救援に派遣されたものと同じタイプのもので、1秒間に500リットルの水を排水する優れものです。1台5000万円の高級品です。

大型のトラックですから、車庫をどこにするかですが、検討の結果、1台は土岐川出張所に、1台は多治見消防署に間借りすることが決まりました。

元来が自動車。多治見に限らず、近隣がお困りの際にも出動できますから、これから運用上のルール作りも必要となっていきます。出動範囲がどこまでで、出動の要請は誰が誰にするのか、といったことですね。

また、抜本的な水害対策については、短期、中期、長期の整備となりますが、抜かりなく遅滞無く進めていく、ということです。

まずは、第一歩。動き出しました!

前原政調会長をお迎えして、新年会を開催することになりました。

毎年、恒例の集いですが、“ざっくばらん”をコンセプトに、ワイワイガヤガヤの楽しい一時の中で、未来を築いていきたいとの想いです。こういう中、前原政調会長をお迎えできることに、期待感が一杯となっています。

現在、事務所でスタッフが案内状を大量印刷をしていますが、乾燥と静電気に苦しんでおりまして、加湿器を導入し、難局を乗り越えつつあるところです。紙がくっつき、印刷機がつまってしまうのです。

午後からは、ボランティアの皆さんにもお手伝いをいただきます。

準備も、ワイワイガヤガヤ。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

新春の集い

1 日時 1月28日(土) 14:30から
2 場所 多治見市美濃焼卸センター(多治見市旭ヶ丘10-6)
3 会費 500円(お茶とお茶菓子)
あけましておめでとうございます。本年もよろしく御願いします。

さて、元旦は、皇居にて、新年祝賀の儀に参列しました。まず、衆参両議長から、それぞれ「天皇・皇后両陛下のご健康と皇室の繁栄」を祈念する旨のお祝いを述べられました。

そして、天皇陛下より、「国の発展と国民の幸福」を祈る旨のお言葉を賜りました。

新年のスタートを、緊張感と清々しさの中で、過ごすことができ、「頑張っていこう」との思いが沸々と湧き上ってきております。

実は、両陛下がお出ましになる前に、宮内庁の方から説明があって、計7回の礼を求められましたが、緊張感の中で、思わず何回も何回も礼を重ねることとなりました。参列者の皆さんも同様でして、微笑ましさが広がる元旦でした。

本年もよろしく御願いします。

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother