「キャノピー経済」という言葉が、ちらほらと新聞雑誌などに出てくるようになりました。キャノピーとは何かといいますと、天蓋のことで、米国の経済格差の酷さを指す際に使われています。

うっそうと茂る森林を想像してください。太陽の光は、どこを照らすのでしょうか。木々の表面といいますか葉といいますか、上の部分だけでして、光は下にまで届きません。経済成長の恩恵も、同様に富裕層にだけ届いているという例えです。

実際、米国連邦準備理事会のイエレン議長(日本でいう日銀総裁)は、先々週17日の講演で、上位5%の富裕層に富の6割以上が集中しており、米国の不平等がかつてないほどに拡大している旨、警告を発しました。

米国の貧富の差は、大きいだろうなあとのイメージは一般的だと思います。しかし・・・。

翻って日本。OECD加盟(いわゆる先進国)34か国の内、相対貧困率(大雑把に、平均所得の半分以下の所得層の割合)は、高い方(所得格差の大きい方)から7位で、10位の米国よりも悪いというところまで来ています(2013年:1位メキシコ、2位韓国、3位チリ、最下位ベルギー)。さらに、シングルマザーなど一人親世帯だけを見ると、経済格差は、一番大きくなっています。一億総中流と言われた日本も、今や先進国最大の経済格差を抱えた国となってしまいました。

もう一度、森林、山林を想像してください。日の光が地面に届かない森の木々は、やせ細り、根も深く張らず、土砂崩れが起きやすい不安定な場所となっています。やはり、間伐をし、草を刈って整備をしていく。豊かな森を造るためには、人の手を入れていくことが必要です。人間社会も同じことではないでしょうか。

政治の役目は、ここにこそあるはずです。ほったらかしにすることも諦めることもなく、全ての人々に光を届けていく。そのために頑張って、そして豊かな日本を築いていく。さあ、今日も前進です!
「8000円で良かったよ。本当に。」とは、喫茶店のご主人。国会見学ツアーに参加頂いた方からの、しみじみとした言葉でした。昨今の大臣の不祥事に辞任。これを受けての発言です。

ところで、8000円て何かと申しますと、代議士時代に日帰り国会見学バスツアーを行った時の会費です。1500円のお弁当に600円のお土産用国会せんべい。それに残りは全額がバス代と消費税込で8000円というプランでした。

当初、この8000円に対し、一部の方々から、「国会見学は、2000円で行われている。こちらだけが8000円だと募集しずらい。」という強い指摘をいただきました。それでも8000円で行うと、「阿知波は貧乏だから、差額の6000円をポケットに入れているのではないか。」という批判を受けたこともあります。

そんなこともあり、皆さんに何度もご相談しました。結局、「東京往復を2000円で行けるわけないやん。皆わかっとるで、正直にやろ。」という声が大勢で、8000円で通しました。

パターンは、国会到着後すぐに見学。一度は、管総理の所信表明演説を参議院側で聞いていただいたこともあります。そして、著名な政治家からの歓迎のあいさつ。前原政調会長、安住財務大臣、馬淵国土交通大臣にお世話になりました。後は、衆議院議長公邸や参議院議長公邸など、見学機会の少なそうな特別な場所に、ご案内しました。

なんだかんだあっても、有権者の方々のご意向に沿わないことがあっても変えるべきところは変えていかないと進歩はありません。どこかで変えなくてはなりません。まず身近なところから悪弊を改めた8000円であったわけです。

この8000円の気持ちを大切にして、さあ、今日も前進です!




全国行脚を始めた岡田代表代行。来週20日に多治見にお越しになることになりました。実に、12回目の来援です。もちろん、次期衆議院選に向けた準備ということです。

「岡田さんが、全国行脚を始めるということは、つい最近の新聞で読んだばかり。こんなに早くということは、期待されとるということやね。」

「この夏に土岐市にみえたばかりやないの。今度は多治見。そら頑張らな!」

「土岐市にイオンが来るって大きなニュースやけど、やっぱり、岡田さんが後ろにいりゃあすということやね・・・。」

と、話はどんどんと膨らんでいきます。

やっぱり、生まれ育った土地で、家族がお世話になっている故郷で頑張り抜く。これ一本ですね!
「ホンダまで減産に入るらしいが、自動車は景気良いはずじゃなかったのか。あんな大手まで・・・。」とは、窯焼の社長さん。取引先さんとの話の輪に入れていただきました。

「どういうこと。最近、日本の景気が悪いというニュースを頻りと聞くが、アベノミクスで景気が良くなるはずじゃなかったのか・・・。」

「俺んたあは、ずーっと不景気で、それでも茶碗の売れ行きは、ここ1、2年がくんと下がっていて、しかも燃料が上がっている。何にも良いことはなかったし、周りに聞いても不景気という話ばかりだった。それでも、アベノミクスには、正面切って批判する者は、おらなんだし、人前で言えるような雰囲気ではなかった。」

「景気が良い。景気が良くなる。全国の津々浦々まで、なんていう総理の話は、うそやったのか。」

「大本営発表やて。それにしても、あそこまで自信満々で言われると、そんな気がしたし、そうなれば良いという期待もあった。昔の人も、戦争中、「華々しい大戦果」なんてことを、こうやって信じとったのやろうか。」

しかし、アベノミクスが、このまま、うまく行かなかったとしたら、後始末が大変です。莫大な財政赤字、借金の返済だけでも大変なことです。

アベノミクス賛成派の皆さん、このまま、結果が出るまで続行したほうが良いのでしょうか。ここを踏ん張れば景気が良くなるのでしょうか。

アベノミクスは、円安と公共事業による景気刺激策です。しかし、円安で輸出は増加しない一方、物価が上がって困っている人々は多い現状です。公共事業も一杯の状況で、資材費や人件費が上がる一方です。さらに増やすべきなのでしょうか。これ以上借金を増やすべきなのでしょうか。

太平洋戦争では、ボロボロになるまでやり続けました。

少子高齢化が最大の課題の日本。ゴールの方向は、はっきりと見えています。ならば、それらに向けた政策を最優先にする、そんな正攻法を採るべき時が、はっきりと来ているのではないでしょうか。



 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother