昨日まで、3日間、東京に出張しておりました。
今日は、その時の話です。

水曜日の夜の8時ごろ、当方は、総務省の局長や前の総務大臣秘書官、それに世田谷区の副区長(助役:出向中)さんを始め、官僚10人ほどで、飲み会をしていた時のことです。「天下国家」を泡を飛ばしながら語り合っていたときのことです。

妻から電話があり、「上の子(5歳)が口の中を切り、血が止まらない。代々木病院と広尾の日赤(近くの大きな病院)に電話をしたが、歯科がない。応急措置しかできない、ということなので、ホテルに帰って相談してみようと思う。」ということでした。

実は、妻と子供も東京に連れ立っており、妻の祖母や友達と合う、というような予定で、友達のお子さんと遊んでいる最中の怪我ということです。

とっさに、「慶応病院に行け。」と答えました。千駄ヶ谷にいるということでしたので、一駅となりの大学病院です。心配でしたが、当方を囲む会の最中、席を立つことは不味いと思ったのです(お酒を飲んで、大きな気持ちになっていたからかもしれません。)。

結果としては、慶応病院には、歯科の当直があり、直ちに治療、前歯の上の部分の歯ぐきを3針縫って終了。さらに永久歯が生えて来る際に、歯並びが悪くなる形の歯ぐき(あえて手術をする子供さんも珍しくないということ)であるとのことで、切り傷を使って「整形手術?」もして頂いたとのことでした。

まさに、「けがの功名。」。私自身、とっさの判断が良い結果につながったことで、「ニンマリ」という感じでした。

しかし、妻からは、「早稲田は全く当てにならない。医学部も無いんでしょう。やっぱり慶応。」との一撃を頂きました。

持論の24時間病院。ありがたかったです。歯科のことまでは、頭にありませんでしたが。

みなさん、もし夜、病院がしまった後で、お子さんが口の中を怪我をし、血が止まらないといった事態になった際、どうされますか。

この近所では、どこで診て頂けるのでしょうか・・・。

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/150-490b6f78

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother