安倍総理の参議院選挙対策と目されている「ふるさと納税」。

竹下総理の「ふるさと創生」を思い出します。1億円が各市町村に配分され、金塊を買うとか何とか、いろいろ話題になりました。みなさんの町では、1億円は何に使われましたでしょうか。

しかし、結局は何も残らない、ただのバラマキに終わった事から、「ふるさと」と名前がついているだけで、「ふるさと納税」についても、ろくな政策ではないと一笑に付す向きもございます。

テレビや新聞紙上などでは、住民サービスの対価である住民税の一部を「ふるさと」に配分することは、制度的におかしい、とかとかの議論がございます。

が、根本的な問題は、「さびれてきている」地方の問題を根本から治すとか、そこに住む人々の「ヤル気」を出すとか、無駄遣いをなくすとか、そういう話ではないということです。

例えば、企業誘致も大変だし、自治体が何か事業を行えば、どうせ「夕張市」のようになってしまうだろうし、ということで、とりあえず「お金をあげますよ」、ということなのでしょう。

「考えず、行わない、気力もない、諦めちゃう。」だけど、お金は必要、というのであれば、「ニート」と同じでしょうし、地方が都市部に「パラサイト」するということになります。

「ふるさと納税」を提案している方々は、つね日頃から、「ニート」や「パラサイト」を好ましくないと先頭に立って批判している方々ではないでしょうか。

それが、「選挙」を前にしたら、国民にそおっと誘い掛けているわけです。「こっちの水は甘いよ。」

皆さん、昔の人は教えてくれました。「ただほど高いものはない。」




コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/155-08e57793

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother