「政治家と金」について、きちんとした結論を出すべき時になりました。ルールをきちんとつくる、ということです。領収書の5万円とか、そんな場合ではないでしょう。

政治資金規正法を改正して、「ザル法」をいくら作っても、新たな疑惑や問題が、将来的に生まれてくるだけのことでしょう。日本は、これの繰り返しでした。

今回も、わずか10日ばかりの間に、松岡農水相ご本人を合わせ、周辺で3人が自殺をするという痛ましいことが起きております。別の何かが背景にあるのかもしれませんが。

安倍総理には、「美しい国」をつくる第一歩として、明確なルール作りをしていただきたく思います。

私自身も、政治献金やサポーターの募集をしている今日この頃です。郵便局の振込票を使っての募集ですから、一口2000円の浄財を頂いているところです。

ですから、いかなる政治資金規正法ができたとしても、胸を張っていられるわけです。もちろん、内情は「ピーピー」ですが。

ここが、「美しい国、日本」の出発点だという自負を持って、今日も頑張ります。






コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/163-a302f80b

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother