以前紹介しました678の予言。

67の予言とは、年金支給年齢が67歳に繰り上がること。

8の予言とは、2009年4月1日に消費税率が8%に上がるというものでした。

この内、8の予言がはずれることになりました。自民党税調の津島会長の発表によるものです。

原因は、参議院選挙での民主党の勝利によるということです。

津島会長のお話によると、消費税の引き上げは、次期衆議院選挙の後という具合です。

ただし今の状態は、はっきり言って単なる「先延ばし」という状況ですね。

しかし、多額の財政赤字を抱えながらの財政運営を考えますと、早々に決着をつけなくてはなりません。

民主党の主張は、徹底した税金の無駄遣いのカットが最優先、ということで、参議院選挙のマニフェストにおいても15.3兆円のカットを打ち出しております。

現在、本当にそれができるのか、テレビ、新聞などでチェックを受けているところです。実現性はあるのか、ということです。

振り返って、みなさん、税金の無駄遣いについてどのように思われておりますか。

昨日、瑞浪の商店主さんからは、「政府は、税金を他人の金と思って、使っているのではないか。自分の腹は痛まないから、使っただけ儲けみたいなことをではないのか。」と憤ってみえました。

皆さんは、いかが思われますか。

徹底的にやるべきではないですか。私は、官僚をしていましたので、どこをつつけばどれぐらい出そうか、はっきり分かります。見えています。

官僚は、政権与党の指揮命令下にあります。大臣がボスなのです。

ですから、政権交代を訴えるのです。

今こそ、官僚に大号令を下す。そのための権限と力を皆様から頂きたいのです。


コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/215-23ec11d4

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother