公務員による年金の横領。市町村分と社会保険庁分を合わせると、約4億1千万円。あまりにも酷い。

すべての公務員が、「そんなものよ。」と疑われてしまうのも、無理からぬ程、次々と横領が発覚しております。それに分かっていても刑事告発をしていないケースも多々あったり。

ちなみに、私も総務省の官僚でしたので、霞ヶ関の中がどんなものかと問われれば、皆まじめでした、という他ございません。

ただし、横領、公金横領というケースは、他にもあります。

例えば、14年前のことですが、富山県砺波市で郵便局長(職員数56名)をしていたときのことです。この際、管理者として要注意とされたことに職員による公金横領のケースがありました。郵便貯金や簡易保険のお金に手をつける、現金書留をくすねるとか、そういうことです。

この場合、発覚すると懲役5年の実刑というのが相場でした。銀行や農協などでも同様のケースがしばしばありますが、その際は、懲役3年の執行猶予付きというのが相場です。その差は、公金か否かということです。それぐらい公のお金に手をつけると言う事は大罪のわけです。

想像してください。田舎で、懲役5年という人が近所から出たとします。
大概が、そこに住めなくなり引越し、一家離散というケースも多々あったのです。それほどの悲劇となるがゆえに、そういうことが起きないよう郵便局長としての責任が問われたということです。

それに比べ、年金関係の横領や岐阜県庁の裏金など、罰が軽すぎるというか、うやむやにし責任がはっきりしないというか、実にいい加減ではありませんか。愕然とします。

綱紀粛正といいますが、組織をしっかりとさせるためには、トップのあり方が最も重要です。

ところが、トップの大臣は、「政治とカネ」の問題で、相次ぐ辞職、そして自殺。

さらには、安倍総理が、職を辞すると発表してから、今日に至るまで、国会は開店休業。福田総理が事実上決まっており、大臣ポストまでもが新聞紙上に載る今日、延々と自民党の総裁選挙が行われております。この間の国会費用だけで、37億円。これが無駄となります。年金横領額の4億1千万円と比べれても、はるかに多額なのですが。

そして、37億円を垂れ流している中で、麻生氏、福田氏とも消費税の増税に言及している有様です。

新しい総理は、皆様の気持ちを汲み取ることが果たしてできる方なのでしょうか。

所詮は、総理大臣の息子さんとお孫さんの争いです。安倍総理も総理大臣のお孫さんです。ですから、将軍家の跡目争いと同じなのではないですか。

国民の視点で、庶民の目線で・・・。空虚です。

総理大臣が入院をされていても、国会も行政も動かす仕組みはできています。ただ、やっていないということなのです。

国民の手に政治を取り戻す、これが政権交代に向けた戦いの大義名分です。




コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/237-e0f9f99e

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother