今日は、政治の「嫌な」話というか「汚い」話です。

実は、このところ、小沢代表のポスターが次々に剥がされてしまうのです。悪戯かと思いきや、実は組織的なものだったのです。

といいますのも、土岐市の商売屋さん。何度貼っても、あっというまに剥がされてしまう所の社長さんから連絡を頂いたのです。

「多治見の土建屋が剥がしているのを見たので、理由を聞いたところ、(ある会に属する)3人からの依頼があり、仕事が来なくなると困るので、やってしまった。」とのこと。「全員の名前は特定できているが、話すのは、ちょっと勘弁して欲しい。その土建屋さんとは取引があるが、大した量ではないので、ポスターを貼ってもらっても構わない。」

「同じ町の人では剥がしにくいので、違う町の人が剥がすようにしているという話。」

今度は、瑞浪の商売屋さん。「警告しておくけど、これから阿知波さんのデマが流されるよ。やり方は、デマを流す人を一堂に集め、3つのデマを周知徹底し、同時に同じ話を近所とかに流していくやり方。これが伝統的なやり方で、全く事実無根の話であっても、どこでも同じ噂話を聞く事になるので、あっという間に広がっていく。」

「僕もこれまで、そういうことをやってきた一員だが、嫌気がさしたので、会を辞めた。ほんで阿知波さんに話をした。」ということでした。

さあ、どういたしましょうか。

「妨害工作をコソコソする」のであれば、私は「胸を張って」。「夜陰に紛れる」のであれば、「お天道様のもと、正々堂々」と。「デマを流す」のであれば、「名前を名乗って、主義主張を街頭演説」です。

私の事務所は、多治見警察署の真正面。天下堂々の戦いを貫きます。

コメント一覧

ビックリ

びっくりしました。そんなことが、大胆に行われているとは、でも許せないですね。何をやっても勝てば官軍。なのでしょうか。・・「至誠にして至らざるもの 未だ是あらざるなり。」絶対、勝ちましょう!!

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/253-b734e040

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother