いよいよノーベル賞に向けて動き出しました。よく話題にする核融合の話です。4年後を目標に、初めて電気をおこすというか、灯をともすのだそうです。人類初の快挙を、とにかく土岐市で行うということです。

限りあるエネルギー資源。戦争の火種です。これをほぼ無尽蔵の海水で置き換えてしまうということ。これは、人類の歴史を塗り替えてしまう出来事となるでしょう。

実は、研究所の佐藤部長とぺちゃくちゃとお話しましたが、意気軒昂と申しますか、明るい未来に向かって頑張るぞ、という気分になってきます。

とにかく、世界に先駆けてということで、今回、燃料はヘリウム4というものを使うのだとか。このヘリウム4、中国が月探査計画の主要目的として大々的に発表してましたが、月の表面に豊富にある資源。中国も、宇宙開発計画の中に、核融合の推進という事をきちんと位置づけているということですね。

初めて電灯を灯しましたのは、エジソン。フィラメントは日本の竹が使われましたよね。今度は、日本人が、未来の灯をともそうとしているわけです。

私たちは、世界最先端の、しかも世界各国が華々しいレースを展開している、まさにその中心地に住んでいるわけです。点灯の時には、世界各国のマスコミが、この地に集結するはずです。

皆さん、私たちも頑張って行こうではありませんか。未来は、自分たちの手によって掴み取って行こうではありませんか。まさに、チャンスは目の前にあるのですから。





コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/296-ac313f04

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother