昨日、高齢者の医療制度についてブログを書きましたが、高齢者だけではなく、全体の医療制度はどうなってしまうのか、医療費が膨らんでいるので、このままで済むはずがない、今のうちから気をつけておきたいので、噂されているような情報でも良いから、予め教えて欲しい、という質問を頂きました。

あくまで、推理という形で将来を展望して見ましょう。

前提として、①今日のように道路は道路、医療は医療というようにタテ割り的な政治が存続する、②アメリカの影響を受ける、③医療費が膨らんでいく、という3条件をもって考えたいと思います。

しばしば、官僚時代に聞いていた話ですので、当たらずしも遠からずという類の話です。

まず、医療を基本サービスとオプションサービスに分ける。このうち基本サービスは、健康保険で賄うものの、オプションサービスは実費という話です。今は認められていない混合診療を拡大していくイメージでしょうか。

この制度では、基本サービスで受けられる範囲が重要となりまして、これが狭いと困ってしまうわけです。ただ、公的健康保険を維持しながらも、保険対象の医療費は抑制できます。医療費が膨らんできたら保険が効く医療範囲を狭くすれば良いのですから。新しくできた後期高齢者医療制度の「かかりつけ医」では、診察料が定額でしたよね。いくら診て頂いても月600円。お医者さん側は6000円。これで十分な医療になるのかという類の話です。

要は、最低ラインの医療しか受けられない人と望むだけの医療を受けられる人が分かれる社会がチラチラと見えてきました。

歯医者さんの、金歯、セラミック、それに保険が利く銀歯という感じでしょうか。しかし、命を左右するような場合、どうしますか。

例えば、アメリカの場合、健康保険は原則、民間のものですので、入っている保険で、段違いの違いがあります。私の妻は長男をアメリカで出産しましたが、初めて産婦人科の先生に診察していただいた際に、先生がハッとして私に話しました。「あなたの保険で、超音波診断が認められているかどうか確認せずに診断を始めてしまっている。保険でカバーされていない場合は300ドルかかる。しかし、超音波は必要なので、了承して欲しい。いいね、払える。」という感じでした。

アメリカの保険はピンきり。基本的に高い方が良いわけです。保険会社と契約している病院に行くのですから、安いものですと、病院が限定されているわけです。行きたい病院に行きたければ、選択肢を広げるためには、高い保険に入る必要があります。超音波の話もそうですが、高い保険の方が、医療サービスの範囲も広いわけです。ここまですると本当は良いけれど、あなたの保険では、ここまで・・・。

もちろん、保険に入っていない方も、千万人の単位でいますので、悲惨ですね。困った時に病院に行けないのですから、原始時代というか未開の地にいることと、なんら変わりありません。日本は、そんな国にしてはならないのです。

しかし、日本でも、そういう流れが起きてきています。例えば、六本木のミッドタウンの病院は、全米最高のジョンズ・ホプキンス病院と提携していて、日本で唯一そこの先進医療が受けられるとの触れ込みです。人間ドックでも、一番デラックスなコースは220万円。自覚症状が無い病気を見つけるとか、病気になりそうよという通常の人間ドックではなくて、遺伝子の検査などを合わせ、将来的な可能性にいたるまで分かってしまうわけです。ですから、健康、安心、快適性といった高い質の生活を、人生を送るための投資ということでしょうか。リッチですね。

がん保険でも、最先端の医療を受けられる、実費の自由診療も全部カバーします、なんていう商品も販売されていますよね。いざとなったら納得のとことんの医療ということだそうです。その分高いということですね。

流れは、明らかに格差拡大の方向です。制度よりも世間の方が、流れを察知して早く動いているようです。命の格差という流れです。

命の危機、一番困った時、自分、子供、家族・・・。そんな時、並みでお願いしますとか、松ですか梅ですか・・・。皆さんはいかがですか。私はそんな社会は嫌ですね。

どうもこんな流れの中にある日本。良くないですね。では、どうすればよいのか。税金の使い方を変えてしまえばよいのです。それだけのことではありませんか。

病気になった時には、本当に困ってしまいます。先生、病院が頼りではないですか。だったら医療の充実のために、もっと税金を使うのです(昨日のブログも見てください。)

さあ、皆さん一度流れを変えてみようではありませんか。








コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/389-bf94547a

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother