ただ今、ミニ集会を終え、事務所に帰ってきたところです。聞いてみれば、全員自民党支持者、というか、だった人ばかり。

1時間あまりの結論は、「民主党には半信半疑だけど、今の日本には政権交代が必要。まして、あなた(私)は、生粋の地元出身。頑張れ。」ということでした。パワー全開です!

さて、先日、総務省から発表された「定住自立圏構想」。人口5万人以上の「中心市」に対し、財源や権限を移譲し、総合病院や大型商業施設を集積させる。周辺の市町村は、中心市と協定を結んで、中心市の総合病院などを利用させてもらうという話です。新聞にも出てましたね。

率直に、これは、「あしきり」の構想なのでしょう。国が全部の市町村の面倒は見切れないので、「人口5万人以上」というところで、支援の線引きをするということですね。市町村合併が、あらかた終わり、いよいよ次のステージに進んでいくということです。

こうなると、「瑞浪はどうするの。」という疑問が直ぐに出てきますよね。人口4万人ちょっとなのですから。この構想によれば、瑞浪は、「あしきり」の対象でして、単独での生き残りに、国は応援しないということを宣告されたことになってしまうのです。

さらに、人口20万人以上の市には「高度定住自立圏」ということで、高度医療対応の病院や中高一貫校、文化施設などを集中的に整備するという話も議論されました。

こうなると、東濃5市は、全部駄目というか、岐阜県の各市は、ほとんど駄目ということになりますが、どういたしましょうか。やっぱり、多治見、土岐、瑞浪を合併して20万以上にしとけばよかったに・・・、と愚痴を言う事になるのでしょうか。じゃあ、恵那と中津川はどうするの、合併しても20万いかんよ、なんてことになりますね。

結局この構想、国に最終的な権限も財源も温存しての「やりくり」に過ぎません。とりあえず、県の権限を「いけにえ」にして、国を守るということなのでしょう。この構想が本決まりになれば、「わが市を中心市にしてください。」、「人口が少し足りませんが、何とかご理解を・・・。」とか、国に対する陳情合戦が始まるのでしょう。いつものパターンです。そういうことで、果たして、それぞれの地域の未来は明るいのでしょうか。

言うなれば、現状肯定の継ぎ足し、継ぎ足しの国主導の構想ということです。

一方、私どものアイデアは、権限も財源も地方に移譲する。全国300の基礎的自治体(東濃地方のイメージ)を単位とし、自分たちのことは自分たちでやる。もちろん責任も自分たちで取る、という構想です。年600億円の新たな予算の使い道を自分たちで決めていくというプランです。これは、地方主導の考え方です。

今の政権が進める国主導の地域振興。これに対し、地域主導の地域振興となります。これまでの国主導の政策が行き詰ってしまっている今日、さらに国主導の修正策を進めるのか、それとも政策転換を行うか、という分かれ道なのです。

多治見の、土岐の、瑞浪の、恵那の、そして中津川の町おこしを、東京に頼みに行く今のやり方が宜しいのか、それとも自分たちの町のことは自分たちで決めていった方がうまくいくのか、私は明らかだと思うのですが・・・。

少なくとも、瑞浪の皆さん、皆さんは「あしきり」の対象なのです。本当に今のままで宜しいのですか。







コメント一覧

はじめまして^^

またのぞかせてもらいますね。
もし よければ 私のblog も 見にきてくださいね(^^♪

ホームビジネスに参加しませんか?

はじめまして。
突然のカキコ失礼いたします。
ホームビジネスを始めようとお考えの方。
良ければアクセスしてみてください。
皆でサポートしていく安心なビジネスです。

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/410-6a1249d1

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother