今日も、土岐市駅前にて、街頭演説を行いました。途中から、駅前清掃のボランティア活動が始まりまして、メンバーである顔見知りの奥さんとかと、会釈をしながらの演説となりました。

「声は、通っているし、阿知波君がやっていることもよく分かるが、駅前を通過する短時間の間に印象付けるような話が必要。考えてみれば、そんなことができるのか分からないけど・・・。」と、家事一服後に電話してくれたのが、高校の同級生。娘さんを駅まで送ってきたママさんです。

「もっと簡単な話の方がええに。」、街頭演説後、喫茶店でモーニングを食べていた際のお客さんです。「一生懸命やってやあすが、こっちは、ちょこっとしかおれえへんで。」というわけです。要工夫ですね。

さて、その喫茶店、満席の状態でしたが、政治の話が出るわ出るわ。何れも、現状への不満。将来への不安ということです。そして、公務員バッシングが続いていくわけですね。国の官僚も、市役所の職員も、ごった混ぜの、なで斬りという感じです。

公務員バッシング、おかしなことをしていれば、批判されるのも当然なのですが、政治家も一緒になっているところに、アホラシサがあるのではないでしょうか。

といいますのも、各役所のトップは、政治家。部下である官僚や職員が、良くないのであればビシッとすれば良いだけではないですか。ボスなのですから、指導力の出番です。それを、自分の責任転嫁のような官僚批判や部下への愚痴。情けないですね。日頃より、「政治主導」と言っているのではありませんか。

「業績が悪いのは、会社が良くないのは、社員が悪いから。」、こんな社長は失格です。同じように、公務員が悪いのであれば、そのトップたる政治家の方がもっと悪いのです。トップたる政治家の責任やけじめがあいまいであるから、全体がダラダラとしてしまうのです。

けじめと責任、ここから、日本を前進させようではありませんか!










コメント一覧

 前回のブログでサポーターについて書かれていましたね。このサイトでももっと党員・サポーターを積極的に募集されてはいかがでしょうか?
 さて公務員バッシング・・多くの善良な公務員の方には気の毒なことです。
 しかし私もいくらか公務員の厚遇には疑問があります。
 たとえば国、地方問わず大きな借金を抱えているのになぜ彼らにはボーナスが出るのでしょうか?
 普通、企業があれだけの借金を抱えていてはボーナスなど出ないはずです。そしてそのボーナスの出るもとは税金ですよね・・・
 会社が悪いのは社員のせいでなくても会社が経営が悪ければ社員にボーナスは出ないはずです。
 それなのにしっかりボーナスは出ている・・ボーナスの支給を停止し借金の返済に充てるべきではないでしょうか?
 また公務員の昇給やボーナスは民間を反映して判断されるということですがその民間というのが東証一部に上場しているような利益を上げている企業に限られている点も疑問です。
 トヨタに代表されるような一流大企業だけでなく、働けど働けど利益が出ず、かといって廃業すれば借金で首をくくるしかないような個人企業も民間ですし、あちはさんが政策でも言ってみえるように日本の企業のほとんどが中小企業で公務員が受け取っているようなボーナスは夢のまた夢です。

 官僚という公務員のエリートであったあちはさんはこの現状をどうお考えですか?
 お答えいただけると幸いです。

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/422-60d94b3f

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother