昨夜は、民主党のパーティーが東京のホテルニューオータニでありました。

候補者も順番に壇上に紹介され、全員揃ったところで、小沢代表が挨拶、こんな段取りでした。ですから、舞台裏の通路のところで、待っている時間が結構あったのです。ですから、候補者同士、あれこれとペチャクチャしていたわけです。

どのような運動が効果があるのか、お金の心配は、家族は、子供は・・・、と尽きることがありません。同じ境遇同士、話が早いわけです。そしてその横を、挨拶をされたであろう外国の大使の方とか、福島瑞穂さんのように、祝辞を述べに来ていただいたゲストの方とかが通り過ぎていく。多士済々にぎやかでした。

そして、名前を呼ばれて壇上に上がります。スポットライトも当たります。3000人入るという大きな宴会場も、5000人の来場に立錐の余地もありません。会場に入りきれない人々の姿もうかがえます。後ろには、テレビカメラの列が、そして、小沢代表の挨拶・・・。

会場を見ていて思いました。会場のお客さんの視線を見て思ったのです。「こんな感じだったら僕もできそうだ。」って。駅前での街頭演説、街角でも演説を行う。こんなことを繰り返していますと、どこで演説してもへっちゃらね、こんな気がしたのです。

でも、中身が大事なんですよね・・・!


コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/454-15ede74c

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother