今日も暑かったですね。午前から、これは行きそうだとの感じで一杯でした。すこし車を止めておくだけで、ムッとしていましたから。それに昨日は、多治見で全国2位の37.1度でしたし(1位でなくちょっと残念、という気がしてしまいます。)・・・。

さて、今日は、ミニ集会を陶と多治見で、そして、どんぶり会館10周年記念のイベントに出かけてきました。そこで、妙に共通する質問がありましたので、そのやりとりを紹介します。

Q1 アメリカのワシントンに行っていたのは、役所で不祥事を起こして左遷されたからだと聞くが本当か。

A1 アメリカは、世界の最強国。そこの首都で働くことを希望する官僚は多い。それに勉強することもたくさんある。左遷されて行けるのなら、皆さん左遷を希望すると思います。

Q2 駄知が嫌で嫌で、東京に行きたい東京に行きたいとの本音を漏らしているとのことだが、本当か。

A2 東京がそれだけ良かったら、ここに(故郷に)帰ってこないでしょう。官僚をしていて、東京にいれば良かったのですから。だけど、私は帰ってきました。ここが生まれ故郷だからです。現に、私は、ここにいるではありませんか。親も兄弟も(駄知に)いますし、子供も方言丸出しですよ・・・。

Q3 官僚とは局長以上のことで、あなたは本当の官僚ではなく、官僚だと名乗ることは、一種の学歴詐称のようなことだと聞くし、そういうふうに世間を騙そうとしているあなたをを政治家にしてはならない、という話を聞いたが本当か。

A3 元官僚、しかも、かなりの年配で、局長だった方がそのように、仰ることもありますね。昔は良かった、といいますか、俺はこれだけ頑張ったんだという類の話の中ですね。例えば、厳密に言って、管理職以上ということであれば、室長とか企画官以上ですから、私も官僚の末席にいたわけです(総務省の室長でした)。しかし、実際には一種試験合格者(キャリア官僚)のことをさしたり、国家公務員全員を指したりと、いろいろあります。逆に、私が、元官僚でなければ、なんだったのでしょうか。

みなさん、「ほやらあ、おかしいと思とった。」という感じでした。しかし、「デマが飛ぶでたいへんやのう。」とか「デマがでるぐらいやなあとあかんわ。」とか、盛り上がってしまうのでした。

みなさんの周りにも、デマが飛んでいるようですか・・・?

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/458-cb378ca0

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother