鳩山幹事長主催の研修会に行ってきました。長野経由で軽井沢に行ったのですが、途中、「まもなく、姨捨(おばすて)駅を通過します。」と車内アナウンスが入った際には、「おばすて」と二人の老婦人がおもわず声を挙げてみえました。もしかしたら、後期高齢者医療制度が頭をよぎったのかもしれません。

さて、研修会ですが、「政権」を前提とした話が中心でした。ですから、特に、「財源」の話となりました。「民主党のマニフェストは財源の裏づけがあるのか。」というような問いを受けての話ですね。

実際は、「自民党の政策を前提として、その上に民主党のマニフェストを載せるわけではない。民主党の政策が最優先となるので、まず、そこに財源を当てる。結果的に、天下り法人のように優先順位が低い所には、財源が行かなくなるということもある。」というだけなのです。

ですから、優先順位が変わり、お金の使い方が変わるわけでして、年金や医療、そして子育てといったところが最優先になっていくということなのです。政権交代が具体化していくだけのことですね。重要な政策には、財源がきちんと手当てされるということなのです。そしてそうでないものが淘汰されていくということです。

ところで、研修会の後は、鳩山幹事長の別荘で懇親会がありました。そこを仕切っていたのは、幹事長の奥様。テキパキテキパキで、実にアットホームだったのです。ですから、直談判に及びました。

結果、鳩山幹事長の奥様に応援に来ていただく事になりました。「素敵な女性の集い」なんて会を、これから企画していきます。日時も場所もこれからです。

皆さん、特に女性の皆さん、乞うご期待!

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/480-5bce1d49

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother