このたび発表された経済対策。その目玉は、定額減税。公明党による強い主張を反映したものですね。しかし、減税額も、そしてその裏づけとなる財源も未定という異常な事態となっています。

しかも、実施は、1年。選挙前の1回ということですから、「バラマキ」とか「選挙対策」とかの批判が強く強く、湧き出ているということです。

皆さんは、今回の経済対策によって、日本の未来を実感することができますか。

実際、今の日本は、方向性を見失い、何を行ってよいのかわからず、森総理までの大盤振る舞い、そして小泉総理からの緊縮政策、そして、再び、バラマキとダッチロールを始めました。

こういった時は、あわてず騒がずじっくりと、ということではないでしょうか。

思えば、世界一の経済大国である米国経済の大黒柱は、コンピュータとインターネット。これを基盤に金融に医療にサービスにと先進のビジネスを拡大してきました。

ところで、このコンピュータにインターネット。共に政府が開発したものですが、政府が抱え込まず民間に開放し、文字通り花開いたという歴史があるではありませんか。国が頑張り、またそれに応え、企業も頑張ったのです。

だったら、日本も日本独自の新しい魅力を探し、創造すべく、国の力を結集しようではありませんか。

新エネルギー、環境、バイオにナノにロボットと、日本の底力を発揮して行こうではありませんか。人類にとって大きな価値をもたらす世界一の技術。莫大な資金が必要だけれどもリスクが大きく開発までに長い時間が必要で、民間企業では手が出せないが、画期的な技術の開発。これは国の役目です。

そのためにも、なけなしの資金をバラマクのではなく、資金を集中的に投下する。そのために人材も結集させる。

日本には、やるべきことがあります。やるべきことをやるためには、どうしても新しい政権が必要です。今の政権ではできないからです。

政権交代です!


コメント一覧

自民党のバラマキを批判するのも結構ですが、民主党の小沢党首の主張する「財源なきバラマキ」をどのように考えているのですか。バラマキに必要な財源を確保するために、消費税を10%にするということも、民主党のマニュフェストで、明確に示すべきではないのでしょうか。

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/488-843135de

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother