自民党の総裁選、にぎやかですね。今のところの候補は、麻生氏、石原氏、小池氏、与謝野氏です。
まだまだ、出てきそうですが、今の方々が有力な方ですよね。

さて、今回の選挙ですが、これこそ、まさに「自民党」といいますか「自民党政治」を代表する方々の立候補ということになります。それは、何か。

「世襲と東京」ということですね。4人全部がそれに当てはまりますし、両方を兼ね備えている方もおいでです。

ですから、今日的な政治状況の象徴ともいえるのではないでしょうか。

例えば、全国的に様々な格差が大きくなる一方、勝ち組と負け組の固定化とも言われる社会の階層化が進み、中流社会の崩壊を憂う声が高まっています。そして、その階層化の象徴こそが、公の政治を家業とする世襲議員ですし、安倍総理、福田総理のように、総理大臣の子孫という最高ランクの世襲議員が総理を代々務めるという時代になっています。麻生さんにぴたっとくるではありませんか。

また、東京一極集中といいますか、東京は繁栄しているものの、それぞれの地方は疲弊の一途を辿っている。地域格差ですね。あとの3名が東京出身です。

結局、「世襲と東京」なのです。これからもこの路線で日本を運営していこう、という表れなのではないでしょうか。

これで、日本は大丈夫なのでしょうか。政治は、結果と申します。結果は、いかがなのでしょうか。

地元のたたき上げ、これが私の決意です!

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/492-9900fb58

徹底サーチ/階層固定化/「階層固定化」:最新情報

「徹底サーチ」では、あなたが入力したキーワード「階層固定化」に関する最新情報をインターネットから徹底検索しています。 「階層固定化」:最新情報 「階層固定化」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 楽天ダウンロード bidders TSUTAYA ...

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother