リーマンブラザーズの破綻。64兆円の負債です。日本でも子会社の4社が破綻したり、なんだかんだで、しかも今分かっているだけで、5兆円という影響が発生しています。銀行も直撃弾を受けていますよね。

「貸し剥がしが起きいへんか。」、中小零細企業の社長さんたちの声です。「確かにうちの業績もええことなあが、俺んたあに、何も責任があらへんのに、とばっちりを受けんようにしてもらいたあが・・・。」

震源地のアメリカは、次々に対策を打ち出しています。しかし、被害を受け、二次被害が想定される日本では、対策が講じられようとしているのでしょうか。

福田総理は、まだ在任中です。今こそ、呼びかけるべきなのではないでしょうか。大型の台風が迫っているのですから、「土のうを積み上げよう!少しでも被害を少なくしよう!!」

世間では、選挙選挙ですが、本来選挙どころの話ではありませんよね。この期に及べは、自民党も民主党も関係ありません。皆で力を合わせて、嵐に備える時ではないでしょうか。選挙の最中、バタバタと企業がつぶれて行く、そんなことだけにはならないように、応急措置だけでもすべきなのではないでしょうか。

もちろん自民党の総裁選も、休戦して、候補者5人が対策の先陣を切ったらいかがなのでしょう。次の総理なのですから。議論の時ではないと思うのですが・・・。

何れにせよ、政治家が「世のため、人のため」という大義名分を捨て、自分たちの都合だけで行動するのであれば、単なる悲劇です。

悲劇から日本を救いたい、この想いを持って、今日も歩きました。


コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/497-0821d88d

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother