先の土曜日に、「渡部恒三きたる!」を行ったところ、270名の参加を頂きました(なぜか新聞には130名と出ています)。
雨の中にも関わらず、にこやかな内に終わる事ができました。ありがとうございました。

さて、気になった発言が一つ。第2部の経済懇談会での事です。

「最近、トヨタ系の企業進出があったが、はっきり言って給料が高い。迷惑とはいえないし、これからも進出が続くだろうが、困った事になっている。」というものです。地場産業からの声です。

会の中では、渡部議員からは、「地元の会津若松も漆器と観光の町であったが、中々難しい。どこの地方も同じ問題を抱えている」、と暖かく答えてみえました。

しかし、帰りの車の中でおっしゃった事は、「会津若松は、人口13万。ここに富士通を誘致した。この工場で6000人が働いている。これがなかったら会津はとっくにつぶれているだろう。今や半導体の町だ。」というものでした。

ただし、「今のままで地場産業が潰れてしまえば、地元から火が消えたようになる。君、がんばれよ!」との励ましもいただきました。

悪戦苦闘かもしれません。しかし、ここは我が故郷。本望です。


明日は、東京まで、御礼に行ってきます。

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/51-3fbd7966

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother