本日は、小沢代表の仲里秘書さんと一緒に上矢作でのミニ集会、お昼からは、街頭演説で、東濃地方をグルグルと駆け巡りました。

上矢作、2400人の町で毎年50人ずつが故郷を離れていく現状。進む高齢化、故郷の未来をかけた話は、実に「まじめ」な話となりましたが、笑顔で皆さんとお別れする事ができ、「良かった」という想いで一杯です。

さて、土岐市の三起屋前で街頭演説を終えた後のこと、秘書さん曰く、「校長先生の話より良いね、と小学生が話していましたよ。」とのこと。どう答えたらよいかと迷いましたが、良いということですから、まあいいか、ということですね。

それにしましても、またまた、小沢代表からの使者。力が入ります。

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/516-32fc48d1

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother