「政治とカネ」、政治不信の元凶ですね。

合法違法の如何に問わず、特定の企業から多額の政治献金をもらうこと自体が「古い日本」の象徴であって、「新しい日本」をつくるという可能性を感じる事もできない、期待できないという感じでしょうか。

ならば、政治のあり方、選挙のやり方自体を変えていってしまえば、よろしいのでないでしょうか。例えば、候補者が一堂に会する公開討論会。アメリカの大統領選挙みたいですが、こういうやり方をどんどんと導入していけば、安上がりで、しかも効果の高い政治活動ができますよね。第3者の音頭で、公民館とか文化会館を借りていただいて・・・、ということですから、費用対効果の極めて高いやり方ではないでしょうか。

政策や信念をぶつけ合う、会場からの質問意見にどう答えるのか・・・、選挙も政治も、盛り上がりますよね。

これまでのように総決起大会も、街宣カーもポスターも良いですけど、一歩前に進むべき時なのではないでしょうか。選挙のやり方も変えてしまおうではありませんか。

これは、政治家・候補者だけの話ではありません。皆さんの音頭とりが必要なのです。

是非、公開での討論会、開催してください! 私は真っ先に参加します!!

コメント一覧

はじめて書き込ませて頂きます。

私も、映画『選挙』を観てから、日本の選挙のやり方に疑問を持っております。
今のままでは、本当に志がある人間ではなく、単に「3バン」があるだけの“セイジカ”が増えるだけで、心配です。
しかし、選挙における争点にはなかなか上らないので、寂しく思っておりました。

あちわさんのような優秀且つ信頼感のある候補者さんが、これから、そして当選後(少し先の話ですが)も訴えて、そして変えていって欲しいと思っています。

私は、東京在住なので、申し訳ないことにお力にはなれ(投票でき)ませんが、応援しております。
ファイトです!!

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/539-bea4687a

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother