一昨日のことですが、中曽根元総理から、お話を伺う機会がありました。国会近くの事務所でのことです。

お世話役の自民党議員一人を除いて、出席者30人ほどは全員民主党の国会議員ばかりでした。総理自身、「国を思う心に、自民党も民主党も変わりはない。」とおっしゃっておりました。時代は変わったのです。

長年の経験に裏打ちされた話ですので、前のめりになってあっという間に時間は過ぎていきました。

沖縄返還に際しての、佐藤総理と党内反主流派であった中曽根氏との関係など、一人ひとりの政治家が果たしてきた大きな役割を振り返りながら、立派な政治家になれという話です。

「自分でやり、自分で考えろ。」、「すべてのものを栄養として吸収し、それが、政治、経済、家庭のことであっても、良きことも悪しきことからも、すべてを吸収し、人間修養を行い、政治家として価値ある者になれ。」、「自分の中に一貫したもの、一本貫くもの、たじろがない信念を持つことが政治家として大事。」、「同志が大事だ。3、4人から始めろ。」、「家に帰って、翌朝までの修養が重要・・・。」

新米として、「がんばらなきゃ」という想いが、改めて込みあがってきました。感謝です。

コメント一覧

格差是正

高校を卒業した18歳から 定年の年齢よりも上のかたまで 求職者 全員が 就職できる 日本を 期待しています。
国会でも 格差是正 雇用対策を 提案して下さい。
よろしくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/558-7fa09461

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother