昨日、衆議院で代表質問を行いました。本会議場の真ん中で、全ての衆議院議員に対して、演説を行うのですから、真に名誉なことです。新人議員の私にチャンスを頂けたことに本当に感謝しております。ですから、なおさら気合が入りました。

「やってみるか。」と打診を受けたのは、2日前のこと。緊急事態ですが、直ちに「はい」といって、チャンスを掴みに行きました。チャンス、だからです。

議題は、航空法の改正案。国際条約に合わせて、パイロットの養成プログラムや身体検査などの見直しを行おうとするものです。安全性の確保と効率性のバランスがメインテーマです。そして、合わせてJALの再生についての議論をしました。

質問に答えていただいたのは、前原大臣です。私の座席の位置を確認しながら、丁寧にお答え頂きました。これまた感謝です。

感想はというと、議場に座る各国会議員との距離感が、本当に近いと感じました。そして、よく話し声が聞こえるのです。ヤジも、想像以上に聞こえました。

ヤジは弁論の華、と申しまして、ヤジの無い演説はできが悪いとされています。演説者の意見がはっきりしていなかったり、中身がよく伝わっていなければヤジもできないからです。

「よしよし。」と思いながらですが、本当に力が入りました。緊張もたっぷりとありました。多分、相当痩せたのではないかと思えるぐらい、全身に力を込めての演説でした。

今は、「やった。」という達成感が漲っております。

準備を怠らず、チャンスは常に、がちっと掴んで行きたいです!




コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/569-d30dc904

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother