石垣島に行ってきました。新しい空港が3月7日に完成し、初めて中型機が直行便で到着した31日のことです。空港関係の方も空を見上げ、「来た。来た。」と喜びに包まれていました。

旧空港は、旧海軍の基地を転用したもの。滑走路が1500メートルと中型機の発着が不可で、旅客者も那覇経由、農作物のマンゴーなどの出荷にも制限があるなど、課題があるなか、新しい空港建設となったわけです。

しかし、1979年の構想発表以来、二転三転(サンゴ礁などの環境保護等)し、ようやく完成となったものです。建設自体もそうですが、例えば、旧空港は市街地から車で10分、新空港は30分と、八重山諸島の医療の中核を担う病院に、飛行機やヘリで運ばれてくる患者さんに迅速な医療環境を提供するにはどうすべきかなど、議員時代に海上保安庁の方々とお話をしたこと等々も、懐かしい思い出です。

この空港の威力は大きく、東京、名古屋、大阪からの直行便で、国内からのお客さんで溢れているだけでなく、韓国や台湾など近隣諸国からの直行便に「8月にはお客さんが昨年の2倍半になるそうです。」と地元観光関係の方々の鼻息も相当のものでした。活気のあるところには、チャンスを求め、若い人たちが全国から集まってくるということですね。

しかし、石垣だけでなく、竹富、西表と、沖縄本島に比べると戦争の被害が断然に小さく、古き良きものがしっかりと残っていることが、これからの発展の土台となっていることをお聞きしますと、複雑な思いにとらわれることもありました。

インフラは、地域の産業、生活にとって不可欠なもの。特に、仕事や生活のチャンスの阻害要因となっているようなインフラ整備は、効果が高いものとなります。

公共事業が「良い」、「悪い」という単純な議論は不毛です。良いものに投資をする。ここがポイントです。無駄な公共事業、皆さんのご近所ではどうですか?

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/609-a3d59979

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother