明日15日と16日は、東京の日本青年館で民主党の党大会が開催されます。

神宮球場のお隣ですね。元気に行ってきます。

さてさて、「政権交代」とか「二大政党制」ということを力説しております民主党。

これが、民主党自身のためとすれば・・・、馬鹿そのものでしょう。このキャッチフレーズは、目的ではなく、手段というか方策です。

目的はもちろん、日本の発展と日本人の幸せを実現することです。

さてさて、今の日本。

どこに政策の重点が置かれているのかを考えますと、簡単な答えが浮んできます。

ずばり、選挙で投票してくれる人たちと献金をくれる人たちを大切にするという事です。

というのも、日本は財政難。お金がないので、全ての人を何とかするということを小泉総理は、止めてしまいました。要は、「選択と集中」、賛成票を入れてくれる層に、予算を集中的に使うわけです。

例えば、20歳、30歳代の投票率は40%そこそこ。一方60歳、70歳代は、80%です(前回の衆院選)。

と、どうなるか。

少子高齢化問題は、日本の大きな問題ですが、少子化対策には、高齢化対策予算の14分の1しか使われておりません。

20代、30代は、選挙に行きましょう。そして、おじいちゃん、おばあちゃんは、自分の年金だけでなく、孫や曾孫のことを考えて投票しましょう。

20歳、30歳代は、いかがですか。ニート、フリーター、非正規雇用。給料は、よくて正規社員の半分です。これも2003年に小泉総理が派遣法を改正したことから急拡大してきた問題です。

では、献金はいかがでしょうか。

安倍総理の「上げ潮政策」は、まず大企業に儲けてもらう、そこから日本全体の発展につなげるというものでして、現に大企業は最高益をあげ、いざなぎ景気を超える景気拡大中というものが、政府の売りですね。

政策的には、法人税を減税し、個人向けの所得税、住民税を上げ、消費税を上げる方向ということです。

法人税を払わないですんでいる銀行までもが政治献金を再開しようとしたぐらいですから。

ですから、大企業がある東京や名古屋と地方との格差は開くばかりとなりました。

では、安倍総理の思惑通り、大企業の繁栄が、日本全体に波及するかどうかです。

まず、中小企業のみなさん。いくら大企業が潤っても、そこからの発注単価があがったなどという話は聞いた事がありませんね。

大企業は、今や株主の多くが外国人です。可児市にある日本最大の家電量販店の「ヤマダ電機」。あそこは、株主の56%が外国人です(優良企業ということです)。

まず、株主への配当を増やすことが優先されますので、取引先企業にはさらに値引きを求め、社員の給料もあがりません。

むしろ、製造現場の給料は、非正規雇用の拡大で、下がりました。次は、事務職。例のホワイトカラー・エクゼンプションで、事務職の残業代がゼロになります。最初は年収900万円以上ということですが、すでに400万円以上まで段階的に進めることが論じられてます。

こう考えると不思議なのは、地方の中小企業。すでに、自民党の政策ターゲットから外れているのは明らかなのですが、自民党支持という方が多いということです。不思議です。惰性が続いているのでしょうか。

これも不況の深刻なところから崩れてきました。先ず、北海道、続いて東北。そして、次の参議院選で注目されるのが九州です。

つらつら書きましたが、民主党の力点は、以下のところ。

1 最低ラインを決め、そこを安心の岩盤とすること。
格差といったって、努力する人と「なまかわ」を一緒に扱うのはナンセンスです。皆さん、どんどん儲けましょう。しかし、今の格差の問題のポイントは底割れをした人が増えてきたという事です。生活保護が150万人。健康保険に入らず、病院10割負担の世帯が32万。これが、年金の未払いの人が高齢者になる際には、生活保護1000万人と予測されています。とても支えられません。日本社会が崩れるのです。ですから、年金も最低ラインは税金で負担する。支給金額は、月7万円。必要金額の半分。後は、自分で・・・。ということです。
医療も全員が3割負担ですむようにする。このためには、道路特定財源のような制度は廃止する。道路より命の方が大切です。

2 特別会計、特定財源、特殊法人を廃止。
これは、特別な人、特定の人、特殊な人を優遇するシステムです。年間260兆円ほどですが。これを廃止して、全ての日本人のために使うということです。良い思いをしている人たちをなくすということです。公正な社会をつくるのです。

それでは、頑張って行って来ます。








コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/71-58cea074

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother