市会議員選挙が始まって賑やかになった瑞浪です。

日吉の方から、強烈なお話を頂きました。

曰く、「日吉は、遠目から見れば、豊かな自然、豊かな緑ということだが、暮らしてみれば、悪臭とゴミに悩まされている公害の町。いくら木が生えていてもあかん。」とのことでした。

というのも、大規模な養鶏場の中にルールを守っていない所があるとのことで、改善はされてきたが、臭い時は臭いという話。

ゴミのほうは、いわずと知れた不法投棄の多発だとか。道路整備に合わせて、多くなっている感じがするとのこと。

一般に、その地域(社会)が弱体化してくると、不法投棄の対象となりやすいとの話を聞いた事があります。捨てやすい、といった心理的な関係だとか。

他所のフトドキ者からは、格好の「ゴミ捨て場」と映っている瑞浪市。これは瑞浪だけでなく、近隣地域に広く、覚えのある問題でもあるわけですが。

いまだ「ハコモノ」や「道路」の話がこだまする選挙戦。

瑞浪市の4年間を決する大事な季節がやってきました。






コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/79-7532a6bc

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother