地場産業の不況のせいか、とにかくトヨタ関連の企業誘致が期待されるご当地です。

こんな折、愛知県でトヨタの孫請けをしている友人から、情報提供がありました。今週号の東洋経済新報です。

そこには、トヨタ本社社員の平均給与と、元請け、孫請け、3次請け、4次請けの企業それぞれの規模別の平均給与が一覧となっています。

本社の平均給与は、882万円。

日本の平均給与が448万円(男578万円、女278万円;15年度、国税庁)ですので、すごいです。

しかし、ものすごい格差があって、孫請け企業までは、おおむね全国平均以上なのですが、4次請けの小規模企業(従業員1から3人)の平均給与は178万円。

トヨタ関連企業といっても、ピンきりの状況がよくわかります。

知人曰く、「食っていけないことはないから、感謝はしている。が、忙しい割には、そんなに儲かるわけでもない。」、「トヨタ関連といたって、いろいろあるから、企業進出も、政策誘導するのなら吟味したほうが良い。」、とのことでした。

実は、この話、先程まで、ご一緒した笠原の方にもお話したのですが、「笠原では、一年でせいぜい200万円台の収入がやっとのことじゃないか。そんなところに嫁に来いといっても無理な話だし、若い者は外に出て行ってしまう。贅沢を言っている場合じゃない。」とのことでした。

えびで鯛を釣るといいますが、獲ったえびを直ぐに食べてしまいたい、という状況のようです。

今のところ、絵に描いた餅しか提供できない自分です。がんばるしかありません。



コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://achiha.blog75.fc2.com/tb.php/98-9b531f04

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother